You are here
Home >

最近、髪に元気がない・・・と感じていませんか?
男性であれ女性であれ、若い人であれ年配の人であれ、現代は多くの人たちが髪の悩みを抱えています。
髪が細くなった、抜け毛が多い、コシがなくなり、すぐにぺたっとしてしまう、と感じることがあるかもしれません。

人にはそれぞれ体質があるように、髪の「髪質」も、人によって異なります。
若い頃から髪が少ない人もいれば、どんなに歳を重ねてもフサフサの人もいます。
歳をとって、髪がなくなる人もいれば、たくさんあるけど白髪になる人など、人によって様々です。
自分の髪質や、「こんなときはこういう髪質になりやすい」などの髪のクセを認識しておけば、髪の悩みを解決できる対策を練るのに役立つかもしれません。

疲れやストレスがあると、髪が抜けやすい、という人がいます。
疲れると、体の免疫力や自己回復力が衰え、体の細胞が傷ついても、修復するための能力がなくなってしまいます。
普通の状態であれば、髪が抜けたりしても、また生えてくるのですが、それができなくなってしまいます。
また、ストレスもホルモンバランスを乱し、抜け毛の原因になります。
または、イライラしたりしたときに、髪の毛をいじる癖がある、という人が結構多いのです。そのような癖があると、抜け毛を増やすことにもなりかねません。
また、ストレスがたまると喫煙の量が増える人がいます。
タバコは髪の大敵です。
ですから、自分がどんなときに疲れやすくなるか、どんな時にストレスを感じやすいかを見極めて、なるべく疲れやストレスをためないように心がけましょう。

女性の中には、生理の前後になると抜け毛が増える、という人もいます。
これもホルモンバランスの乱れによるものですが、そのようなときには、普段以上に栄養に気を配ったものを食べるようにしたり、栄養補助食品などの助けを借りて、抜け毛を防ぎましょう。
生理の時期は、普段以上に睡眠をよくとったり、リラックスするようにして、体に負担をかけないようにしましょう。

体質とは少しずれるかもしれませんが、仕事の関係上、帽子やヘルメットなどの被り物をするようになって、抜け毛が増えた人もいます。
擦れや中の蒸れが原因となっていることが多いです。
もし定期的に脱いで、通気を良くすることが可能な環境なら、そうしましょう。
また、できないのであれば、中にもう一枚通気性のいい布などを入れておくことによって、少しは蒸れや頭皮の擦れを防ぐことができるかもしれません。

自分の体質や癖、習慣、体の周期などをよく見極めて、髪の悩みを解決していきましょう。

コメントを残す

Top